結婚指輪へとフィードバックした杢目金

昔から伝来されている金細工の技法「杢目金」。それが現在では、結婚指輪という形にフィードバックされています。

伝統の杢目金

結婚指輪へとフィードバックした杢目金

伝統工芸を永遠の誓いへとフィードバックさせた、という意味合いでは、なるほど、と思わず言ってしまったのですが、「杢目金」という技術を皆さんご存じでしょうか?発祥は江戸時代。

金細工の工法で長く伝わってきたモノなのですが、金属と金属を重ね合わせ、何度も何度も鍛え上げて、独特の色合いを表現するという職人の巧みの技。

その結果、2度とない輝きを放つ、独特のコントラストと光沢を見せ、結婚指輪として注文する方が増えているのが現状です。

検索サイトで「杢目金」で検索してみると、「木目金」という字で、ずらりとサイトや各種情報が得られます。

これは同じモノなので、気にせずにいろいろと調べてみると良いでしょう。

また、どのサイトも美しい光沢の指輪を表現しているので、ソレを楽しんで眺めるのも一興かもしれません(笑)。

本来、杢目金は歴史ある技術であり、それを結婚指輪へとフィードバック、もしくはアレンジしたモノです。

一時期は技術そのものが衰退しかけていたという時期もあったのですが、結婚指輪という発想が導入されてから、一気に盛り返してきた、というのが現状。

今では、結婚する方にとっては大事な選択肢の一つとなっているわけです。

いろいろと調べてみてください。

杢目金の指輪、深いですよ。

▼オススメサイト
結婚式場 国際文化会館

Copyright (C) www.sejours-vacances-locations.com. All Rights Reserved.

伝統の杢目金